青い鳥@青い森

m2bird.exblog.jp

青い海に囲まれた青い森の国、青森。そこで出合った野鳥たちのフォトログです
最新のコメント
竜馬さん、お久しぶりです..
by m2bird at 17:01
いやぁ、画像でも久しぶり..
by 風の竜馬 at 13:26
おはようございます。 ..
by m2bird at 06:04
オオハシシギの夏羽みたこ..
by 津軽半島の自然 at 05:26
3年ぶりでした^^ こ..
by m2bird at 19:34
検索
カテゴリ
全体
キジ目キジ科
カモ目カモ科
カイツブリ目カイツブリ科
ハト目ハト科
アビ目アビ科
ミズナギドリ目アホウドリ科
ミズナギドリ目ミズナギドリ科
コウノトリ目コウノトリ科
カツオドリ目ウ科
ペリカン目サギ科
ペリカン目トキ科
ツル目ツル科
ツル目クイナ科
カッコウ目カッコウ科
チドリ目チドリ科
チドリ目ミヤコドリ科
チドリ目セイタカシギ科
チドリ目シギ科
チドリ目レンカク科
チドリ目ツバメチドリ科
チドリ目カモメ科
チドリ目ウミスズメ科
タカ目ミサゴ科
タカ目タカ科
フクロウ目フクロウ科
サイチョウ目ヤツガシラ科
ブッポウソウ目カワセミ科
キツツキ目キツツキ科
ハヤブサ目ハヤブサ科
スズメ目モズ科
スズメ目カラス科
スズメ目シジュウカラ科
スズメ目ヒバリ科
スズメ目ツバメ科
スズメ目ヒヨドリ科
スズメ目ウグイス科
スズメ目エナガ科
スズメ目ムシクイ科
スズメ目メジロ科
スズメ目センニュウ科
スズメ目ヨシキリ科
スズメ目レンジャク科
スズメ目ゴジュウカラ科
スズメ目ミソザザイ科
スズメ目ムクドリ科
スズメ目カワガラス科
スズメ目ヒタキ科
スズメ目イワヒバリ科
スズメ目スズメ科
スズメ目セキレイ科
スズメ目アトリ科
スズメ目ツメナガホオジロ科
スズメ目ホオジロ科
その他
以前の記事
外部リンク
メモ:
コメントは必ず固定ハンドルでお願いします。捨ハンのコメントは削除させて頂きます。また、掲載内容に関するご意見等は下記宛に、お願いします。ただし匿名のメールにはお返事致しません。
  m2bird@excite.co.jp
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真を無断で使用することを禁じます

<   2013年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カンムリカイツブリ

冬になると海に出て群れていることの多いカンムリカイツブリですが、港内では単独で採餌してる姿を良くみかけます。いつ見ても笑顔(^.^)
b0209000_23571331.jpg
Canon EOS 7D EF400mm f/5.6L USM
by m2bird | 2013-01-31 03:00 | カイツブリ目カイツブリ科 | Comments(0)

ホオジロガモ

愛嬌があり可愛いので好きなカモですが、なかなか写真を撮れないでいました。普通にどこにでも居ると、遠いとか、光が悪いとか、わがままになってしまいます(^^ゞ
この日はクロガモたちを撮っていたらたまたま近くに。曇り空で光線は良くありませんでしたが、頭部のグリーンがほんのり写っていました。
b0209000_0385237.jpg


正面から見ると、紫色です。光の当たり方なのでしょうか?
b0209000_0412625.jpg


カモメと一緒に漂っていました。
b0209000_0423398.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-30 03:00 | カモ目カモ科 | Comments(4)

ビロードキンクロ

クロガモたちとは少し離れたところに、1羽の黒いカモ。もしやと双眼鏡を覗くと・・・頭部にナイキマークが見えます!
昨年、ここで見たのは2月の下旬でしたが、今年は1ヶ月も早い接岸です。
b0209000_2131585.jpg


風が強く、港内も波立っていました。
b0209000_21332061.jpg


メスと一緒に仲良く泳いだり、元気に潜って採餌していました。
b0209000_213776.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-29 03:00 | カモ目カモ科 | Comments(2)

クロガモ

今年もまた、クロガモが港内に入ってきていました。
b0209000_20574268.jpg


約50羽程の群れが、一斉にこちらに向かって泳いできます。
b0209000_210932.jpg


ついにはすぐ足元まで。お目当ては岸壁に付いた貝(ムラサキイガイ?)のようです。
b0209000_212295.jpg
Canon EOS 7D EF400mm f/5.6L USM
by m2bird | 2013-01-28 03:00 | カモ目カモ科 | Comments(4)

タヒバリ

ジョウビタキのいた場所の後ろは、メッシュフェンスが張られた工場敷地。フェンス越しに無理やり撮影しました。青森のタヒバリは、春に群れでやって来る旅鳥ですが、たまにこのような越冬個体もいるようです。
b0209000_2324121.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-27 03:00 | スズメ目セキレイ科 | Comments(0)

ジョウビタキ

毎年のことですが、同じ青森とは思えない雪の少ない太平洋側南部地方。とは言え、10Cmほどの積雪で野山や農耕地は真っ白です。港でカモメやカモ類を見ていたら、道端に出てきて餌を探すジョウビタキ発見! 青森でも一応冬鳥ですが、越冬個体は多くありません。特に積雪の多い内陸部で観察できるのは、渡りの季節に限られます。
b0209000_20535486.jpg


車の中から撮影していたら、にらまれてしまいました(笑)
b0209000_20554097.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-26 03:00 | スズメ目ヒタキ科 | Comments(2)

柿ノ木レストランのお客様7(キジ)

終わったはずの柿ノ木シリーズですが、追加です(^^ゞ
木登りキジ・・・あまりみかけない姿ですが、実はこの時期この辺の柿ノ木の常連です。地面で採餌できなくなるとここに食事にくるようです。今日は1羽だけでしたが、以前オスメス数羽で会食してるのを見た事もあります。
b0209000_23464345.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-24 03:00 | キジ目キジ科 | Comments(2)

ウソ

街路樹のナナカマドにはウソが群がり、おちょぼ口一杯に、実をほおばっていました。首の短いアトリ科の鳥たちですが、その中でも際立っています。短いというより、そもそも首があるんでしょうか?(笑)
b0209000_22364047.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-23 03:00 | スズメ目アトリ科 | Comments(2)

マヒワ

空抜け電線どまりですが、今季初見のマヒワです。
b0209000_218102.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2013-01-22 03:00 | スズメ目アトリ科 | Comments(0)

柿ノ木レストランのお客様6(ホシムクドリ)

柿ノ木シリーズ最終回です。帰り道、またまたツグミが群れている柿ノ木を発見。近くに車を止め、双眼鏡を覗くと・・・いきなり眼に飛び込んできたのがこの子! 一瞬眼を疑いました。今まで見たのはやはり「それなりの場所」でしたが、まさかこんな自宅近くの何でもない場所にまで現れるとは!
すぐに車が通り飛び立ちましたが、少し待っていたらまた戻ってきました。と思ったらまた次の車。何度か繰り返していましたが、そのうち戻ってこなくなりました。その間、ワンチャンスで何とか押さえた証拠写真です。
b0209000_21411056.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W

かつて日本では珍鳥だったホシムクドリですが、近年渡来数が増え青森でも毎年観察されるようになりました。昨年の4月上旬、8羽の群れを観察しましたが、九州方面では50羽を超える群れも観察されているそうです。世界で一番個体数の多い鳥と言われるホシムクドリ。英名CommonStarling。かつて北米に持ち込まれた100羽が、現在は2億羽になっているとのこと。日本では現在IV(irregular visitor)とされていますが、RB(resident breeder)となる日も近いのかもしれません。
by m2bird | 2013-01-21 03:00 | スズメ目ムクドリ科 | Comments(0)