青い鳥@青い森

m2bird.exblog.jp

青い海に囲まれた青い森の国、青森。そこで出合った野鳥たちのフォトログです
最新のコメント
竜馬さん、お久しぶりです..
by m2bird at 17:01
いやぁ、画像でも久しぶり..
by 風の竜馬 at 13:26
おはようございます。 ..
by m2bird at 06:04
オオハシシギの夏羽みたこ..
by 津軽半島の自然 at 05:26
3年ぶりでした^^ こ..
by m2bird at 19:34
検索
カテゴリ
全体
キジ目キジ科
カモ目カモ科
カイツブリ目カイツブリ科
ハト目ハト科
アビ目アビ科
ミズナギドリ目アホウドリ科
ミズナギドリ目ミズナギドリ科
コウノトリ目コウノトリ科
カツオドリ目ウ科
ペリカン目サギ科
ペリカン目トキ科
ツル目ツル科
ツル目クイナ科
カッコウ目カッコウ科
チドリ目チドリ科
チドリ目ミヤコドリ科
チドリ目セイタカシギ科
チドリ目シギ科
チドリ目レンカク科
チドリ目ツバメチドリ科
チドリ目カモメ科
チドリ目ウミスズメ科
タカ目ミサゴ科
タカ目タカ科
フクロウ目フクロウ科
サイチョウ目ヤツガシラ科
ブッポウソウ目カワセミ科
キツツキ目キツツキ科
ハヤブサ目ハヤブサ科
スズメ目モズ科
スズメ目カラス科
スズメ目シジュウカラ科
スズメ目ヒバリ科
スズメ目ツバメ科
スズメ目ヒヨドリ科
スズメ目ウグイス科
スズメ目エナガ科
スズメ目ムシクイ科
スズメ目メジロ科
スズメ目センニュウ科
スズメ目ヨシキリ科
スズメ目レンジャク科
スズメ目ゴジュウカラ科
スズメ目ミソザザイ科
スズメ目ムクドリ科
スズメ目カワガラス科
スズメ目ヒタキ科
スズメ目イワヒバリ科
スズメ目スズメ科
スズメ目セキレイ科
スズメ目アトリ科
スズメ目ツメナガホオジロ科
スズメ目ホオジロ科
その他
以前の記事
外部リンク
メモ:
コメントは必ず固定ハンドルでお願いします。捨ハンのコメントは削除させて頂きます。また、掲載内容に関するご意見等は下記宛に、お願いします。ただし匿名のメールにはお返事致しません。
  m2bird@excite.co.jp
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真を無断で使用することを禁じます

<   2012年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

キジ

近所の河原を散歩(車で^^;)してたら、オスのキジもお散歩中でした。
b0209000_23235416.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W

このキジ(記事)は予約投稿です。今頃私は北海道行きのフェリーの中。道北~道東方面へ初めての鳥見ツアーです。帰りは来月9日の予定。ブログの更新はしばらく出来ないと思いますm(__)m
by m2bird | 2012-06-29 23:00 | キジ目キジ科 | Comments(0)

ジシギの尾羽

ジシギ識別ポイントの一つに尾羽、特に外側尾羽があります。針のように細ければハリオシギ。そうでも無い場合、白色部主体で黒班ならオオジシギ、黒色部主体で白斑ならチュウジシギと言われていますが・・・さてこの子は?
b0209000_22565135.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W

実はこの画像は、先週(7月下旬)に撮影したもの。鳴き声が聞こえたので、車の中から草叢を丹念に探してみつけました。正真正銘、繁殖地のオオジシギです。伸びを始めたので連射したら、偶然尾羽が写っていました。期待に反してかなり黒っぽく見えます。この画像だけ見ると、チュウジシギと誤認しかねません。個体差や擦れ退色もあるでしょうし、同一個体でも撮影条件によってかなり色味は違って見える事があります。ジシギの識別は本当に難しいです。秋になると、チュウジシギ、ハリオシギが渡って来るはず。それらを少しでも識別できるようになるため、今のうちより多くのオオジシギを見ておきたいと思ってます。
by m2bird | 2012-06-28 23:15 | チドリ目シギ科 | Comments(0)

オオジュリン

青森の夏の葦原で繁殖している小鳥シリーズ。オオセッカ、コヨシキリ、コジュリン、オオヨシキリときて、最後はオオジュリン。これでようやく今年のノルマが果たせました(笑)
b0209000_20153680.jpg


ウグイス科の鳥たちは皆歌が上手で楽しそうに囀っていますが、ホオジロ科のコジュリンそしてこのオオジュリンは、眼をつぶり必死に声を絞り出してるように見えます。
b0209000_20232843.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-24 20:24 | スズメ目ホオジロ科 | Comments(2)

葦原のコヨシキリ

前記事のオオヨシキリが囀っていた葦原。下の方にカメラを向けるとこんな感じです。全く違う季節、別の場所に見えますが、同じ日の同じフィールドです。少し背の高い草の葉の上で、コヨシキリが囀っていました。体は小さいですが、口数ではオオヨシキリに負けてません。
b0209000_22441025.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-22 22:44 | スズメ目ヨシキリ科 | Comments(0)

偏東風(ヤマセ)の中で

青森の太平洋沿岸は寒流(親潮)が流れているので、東風が吹くと霧が立ち込め一気に気温が下がり、地元ではこれをヤマセ(偏東風)と呼んでいます。この日もヤマセで気温は15度以下。そんな中、オオヨシキリが風にゆれる葦の枯茎の先端につかまり、必死に囀っていました。一見晩秋のような寒々とした光景ですが、ヤマセ地帯のこの地域では、これも初夏を代表する風景の一つと言えるかもしれません。
b0209000_23243928.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-20 23:32 | スズメ目ヨシキリ科 | Comments(2)

ニュウナイスズメ

久しぶりにニュウナイスズメの様子を見に行ってきました。いつも電線にとまってる事が多いのですが、この日は珍しく木にとまってくれました。
b0209000_22341943.jpg


こちらはメスです。
b0209000_22345880.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-19 22:35 | スズメ目スズメ科 | Comments(0)

コジュリン

野焼きの後の葦原。この時期になると背丈の揃った綺麗なグリーンになります。焼け残った一本の枯茎でコジュリンが風に揺れながら囀っていました。
b0209000_2215125.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W

こちらの背景は牧草地。背の高い草も葦もありません。ソングポストは・・・
b0209000_22461044.jpg
Canon EOS 7D EF400mm f/5.6L USM
by m2bird | 2012-06-18 22:32 | スズメ目ホオジロ科 | Comments(0)

灰色のモズ

堤防沿いの電線に白っぽいモズ。まさか!?・・・双眼鏡を覗くと、やはりただのモズでした。高原や北国に生息するモズには、灰色みの強いものがいるとのことですが、この個体はかなり羽が擦れているようです。
b0209000_2248148.jpg


逆向きになりました。この後餌を見つけたようで、地面に降りました。
b0209000_22502127.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-17 22:51 | スズメ目モズ科 | Comments(0)

ヘラサギ

ヘラサギが来てるとの情報を頂き、2日後に探しにいってみました。場所は3年前と同じ水田。しかしそこには見当たりません。一足遅かったかと思いつつも、あちこち探し回ること3時間。水辺のアオサギの群れの中にいました(^^♪
b0209000_21431718.jpg


サギとはいうものの、トキの仲間。サギのようにじっとして眼で獲物を探しクチバシでぱくっではなく、トキと同じく水の中をクチバシで探りながら歩き回り採餌します。それにしても立派なヘラです!
b0209000_21434047.jpg


近くにいたアオサギが上を飛びました。
b0209000_21444772.jpg


図鑑ではアオサギ93Cm、ヘラサギ86Cmとなっていますが、アオサギよりかなり小さくみえます。ヘラサギは大きさにかなり個体差があるようなので、この子は小さめの子なのかもしれません。
b0209000_21501715.jpg


羽を広げたところも観察できました。風切の羽先と外側初列風切が黒い事が分かります。成鳥は全て白色ですが、これはまだ若い個体の特徴。幼鳥の場合は、嘴が肉色なのですが、この個体は黒く、先端部の黄色もはっきりしてきてるので、若鳥なのでしょう。
b0209000_2213912.jpg
以上 Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W

ちなみにこれは前回(2009年9月)渡来した成鳥。水田(休耕田)でダイサギの群れと一緒に採餌していました。車内からの撮影でしたが、すぐ傍まで近づいてきてくれました。
b0209000_2274611.jpg
Canon EOS Kiss X2 EF400mm f/5.6L USM
by m2bird | 2012-06-16 22:09 | ペリカン目トキ科 | Comments(0)

コヨシキリ

今年も湿原のニッコウキスゲが見頃になってきました。鳥を見るようになる前には、ここがこんなにも鳥たちの囀りで賑やかな所だとは気づきもしませんでした。一番賑わしてるのは、もちろんこの子たちです。
b0209000_2318279.jpg
Canon S100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2012-06-12 23:19 | スズメ目ヨシキリ科 | Comments(2)