青い鳥@青い森

m2bird.exblog.jp

青い海に囲まれた青い森の国、青森。そこで出合った野鳥たちのフォトログです
最新のコメント
竜馬さん、お久しぶりです..
by m2bird at 17:01
いやぁ、画像でも久しぶり..
by 風の竜馬 at 13:26
おはようございます。 ..
by m2bird at 06:04
オオハシシギの夏羽みたこ..
by 津軽半島の自然 at 05:26
3年ぶりでした^^ こ..
by m2bird at 19:34
検索
カテゴリ
全体
キジ目キジ科
カモ目カモ科
カイツブリ目カイツブリ科
ハト目ハト科
アビ目アビ科
ミズナギドリ目アホウドリ科
ミズナギドリ目ミズナギドリ科
コウノトリ目コウノトリ科
カツオドリ目ウ科
ペリカン目サギ科
ペリカン目トキ科
ツル目ツル科
ツル目クイナ科
カッコウ目カッコウ科
チドリ目チドリ科
チドリ目ミヤコドリ科
チドリ目セイタカシギ科
チドリ目シギ科
チドリ目レンカク科
チドリ目ツバメチドリ科
チドリ目カモメ科
チドリ目ウミスズメ科
タカ目ミサゴ科
タカ目タカ科
フクロウ目フクロウ科
サイチョウ目ヤツガシラ科
ブッポウソウ目カワセミ科
キツツキ目キツツキ科
ハヤブサ目ハヤブサ科
スズメ目モズ科
スズメ目カラス科
スズメ目シジュウカラ科
スズメ目ヒバリ科
スズメ目ツバメ科
スズメ目ヒヨドリ科
スズメ目ウグイス科
スズメ目エナガ科
スズメ目ムシクイ科
スズメ目メジロ科
スズメ目センニュウ科
スズメ目ヨシキリ科
スズメ目レンジャク科
スズメ目ゴジュウカラ科
スズメ目ミソザザイ科
スズメ目ムクドリ科
スズメ目カワガラス科
スズメ目ヒタキ科
スズメ目イワヒバリ科
スズメ目スズメ科
スズメ目セキレイ科
スズメ目アトリ科
スズメ目ツメナガホオジロ科
スズメ目ホオジロ科
その他
以前の記事
外部リンク
メモ:
コメントは必ず固定ハンドルでお願いします。捨ハンのコメントは削除させて頂きます。また、掲載内容に関するご意見等は下記宛に、お願いします。ただし匿名のメールにはお返事致しません。
  m2bird@excite.co.jp
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真を無断で使用することを禁じます

カテゴリ:スズメ目ヒバリ科( 3 )

ヒメコウテンシ(LF)

前記事のベニヒワと一緒にいました。今まで見たことの無い鳥! 車1台分しかない狭い道の前方。とりあえず一眼をドアミラーに載せ、車内から証拠写真を押さえます。そして少しずつ距離を詰め・・・と思っていたら滅多に来ないはずの対向車。すぐに車を移動させ、すれ違い出来る場所へ・・・もちろん鳥たちは全て飛ばしてしまいました(;_;) 1時間ほどしてから、また行ってみましたが、ベニヒワたちは帰ってきてたものの、この子はいくら待って戻ってきません。前記事のベニヒワは、その時本命を待ちながら撮影したものです(^^ゞ
それでも、何とか識別可能な写真が撮れていたので、良しとせねば。
b0209000_2163521.jpg


候補として頭に浮かんだのが、コヒバリとヒメコウテンシ。
ヒメコウテンシ=姫告天子。告天使=雲雀。つまり「小さなヒバリ」。「コヒバリ」じゃん(^^ゞ
似てるはずです。識別点を図鑑で調べてみると・・・
1.コヒバリは初列風切が突出しているが、ヒメコウテンシは突出しない。
⇒少し初列が見えるが、三列の磨耗と考えられる。
2.背・肩羽の軸斑は、コヒバリは細く、ヒメコウテンシは太い。(コヒバリの方がより白っぽく見える)
⇒黒褐色の軸斑は太くはっきりしている。
3.ヒメコウテンシの口角は眼先の下まで達する。
⇒(下の写真)
などから、ヒメコウテンシと推測し、私のお師匠さん方に画像お送りしたところ、OKのお返事を頂きました。
b0209000_2165861.jpg
Canon EOS 7D MarkⅡ EF500mm f/4L IS II USM

※ 青森県内でのヒメコウテンシの記録は、津軽海峡沿岸部で1例、太平洋側で2例、今回は4例目ですが、日本海側では初めてです。
※ 全く同じ日、鳥友のtuka_PONさんも、お隣の秋田県で撮影していました! 秋田では2例目だそうです。
by m2bird | 2015-04-10 03:00 | スズメ目ヒバリ科 | Comments(4)

ヒバリ、オンステージ

先週は全くいなかったヒバリですが、今週はあちこちの雪が融けた水田や草地で賑やかな鳴き声がします。例年私の初認日は3月20日前後。
縄張り宣言の囀りは空中が定番ですが、この子は杭の上で360度全方向に向けて歌っていました。
b0209000_2228183.jpg


時々こんな芸?も披露してくれました。
b0209000_22281126.jpg
SONY RX100 + KOWA TSN-774 + TE-17W
by m2bird | 2015-03-24 03:00 | スズメ目ヒバリ科 | Comments(0)

ヒバリ

地震から1週間以上経ちましたが、まだまだ鳥見もままならない日々が続いています。それでも、毎朝、鳥の姿を探しながらの通勤です。いつのも堤防道で、枯れ草の中から、賑やかな囀りが聞こえました。今年初めてのヒバリです。昨年の初認は3月20日。今年もまた同じ場所、同じ日でした!
b0209000_22512637.jpg
Canon EOS 7D EF400mm f/5.6L USM
by m2bird | 2011-03-20 22:52 | スズメ目ヒバリ科 | Comments(0)